化石燃料の代わりとして期待されるバイオガス発電

「バイオガス」は化石燃料に代わるエネルギーとして、今、もっとも注目を集めているのが可燃性ガスです。バイオガス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材といった有機ゴミからエネルギーであるバイオガスを生成するので、クリーンでさらにエコなエネルギーとして期待されています。こちらのページでは、再生可能エネルギーを取り扱う「株式会社アクアス」がバイオガス発電事業についてご紹介します。

バイオガス発電とは?

バイオガス発電は乳牛や豚などの糞尿や、食品残渣(ざんさ)などの有機性廃棄物からバイオガスを生成し、ガスエンジン発電機を回して発電する方法です。

有機ゴミが原料となるため、ゴミを減らせてなおかつクリーンにエネルギーを生成できる点が一石二鳥であるといえます。地球温暖化や化石燃料の枯渇などによって再生可能エネルギーの利用に注目が集まっているだけに、太陽光発電、風力発電、波力発電、地熱発電、潮汐発電などと同様に「化石燃料に代わるエネルギーになるのでは?」と期待されています。

バイオガス発電コンセプト

再生可能エネルギーを取り扱う「株式会社アクアス」では、注目度が増しているバイオガス発電事業をトータルプロデュースしています。当社がバイオガス発電において軸としている2つのコンセプトをご紹介します。

コンセプト1:エネルギー・ゴミ処理業界を変える

環境先進国と呼ばれるドイツや北欧諸国では広がりを見せているバイオガス発電ですが、日本ではまだまだ導入事例が少ないというのが現実です。日本で普及が進んでいない理由としては、まだまだバイオガス発電に関する見識が足りず、正しい運用方法が理解されていないことが挙げられます。

当社では、日本ではまだまだ普及しきれていないバイオガス発電の認知拡大に努め、導入・運用のメリットを最大限に伝えていくことを使命と考えています。

お金を払って処理しなければならない家畜の糞尿や食品残渣、食品廃棄物などの有機ゴミは、バイオガス発電を導入することで“資源”になります。バイオガス発電の普及によってエネルギー業界・ゴミ処理業界全体が抱える悩みを、メリットに転化すること――それが私たちの最終目標です。

コンセプト2:地域に新たな価値を創出する

年間5,000万トンある日本のゴミのうち、2,000万トン以上が食品残渣、食品廃棄物などを含む“生ゴミ”だといわれています。生ゴミの処理には莫大な費用がかかり、多くの税金が使われています。その問題を一挙に解決する手段がバイオガス発電です。

バイオガス発電は、有機ゴミを電力に変えることで地域のゴミや廃材処理の経費を大幅に削減。また、地域ぐるみでバイオガス発電に取り組むことで、正しいゴミの分別(燃えるゴミを有機ゴミとその他に分けるなど現在よりも細かい分別)にともなう収集業者や清掃業者など雇用を拡大します。

そして、住民一人ひとりの分別意識が向上することによって環境を考えた街づくりにもつながり、住民や自治体を巻き込みながらバイオガス発電が地域に新たな価値を創出していく――そんな未来の実現を目指しています。

バイオガス発電による4つのメリット

化石燃料の代わりとして期待され、日本での普及が期待されるバイオガス発電。導入することによって実現できる4つのことをご紹介します。

メリット1 電力源を安定的に確保できる

有機ゴミを確保することで常に安定的な電力を得られます。太陽光発電や風力発電などと異なり、時間帯や自然環境に左右されることなく、稼働させることが可能です。

メリット2 温室効果ガスの排出が少ない

化石燃料との違いは、大量に温室効果ガスを排出しないことです。温暖化対策に効果的であり、家畜の糞尿は放置すると大量のメタンが発生してしまうため、その抑制にもつながります。

メリット3 消化液も液肥として利用できる

バイオガスを生成後に発酵槽内に残った消化液は、雑草種子や病原菌が含まれない安全な肥料(液肥)として二次利用が可能です。有機ゴミをさらに無駄なく活用できます。

メリット4 コスト削減と収益確保を実現できる

ゴミの量が減ることで、それまでにかかっていた焼却費用もおのずと抑えられます。余剰電力の売電や有機肥料の販売により、収益UPをも見込めます。

詳細はバイオガス発電サイトをご覧ください。
水処理事業についてはこちら 空調設備事業についてはこちら
事業コンセプトはこちら
  • 水処理事業 事業概要
  • 水処理事業 特長
  • 空調設備事業 事業概要
  • 空調設備事業 特長
バイオガス発電事業
  • メールでのお問い合わせはこちら
    • 事業コンセプト
    • 会社案内
    • 代表ご挨拶
    • アクアス最新情報
    • 株式会社アクアス バイオガス発電サイトはこちら

    ISO